キャッシングとクレジットカードの違い

キャッシングとは何か?

キャッシングとは日本語で「現金に交換する、融資を受ける」という意味の英語であり、一般的には特定の機関で現金を借り入れることを意味します。
そして特定の機関とは、主に銀行、消費者金融、信販会社などを指します。
特定の機関のキャッシュカードやクレジットカードを持っていると、ATMやCD等で現金を借り入れたり、もしくは自身が持っている口座に現金を振り込んでもらったりすることができます。


キャッシングはローンとは違って、基本的には借り入れた翌月に一括で返済することがルールとなっています。
最近では分割返済が可能なところもありますが、一部を除いては一括返済することが慣習となっています。

金融業者というと、あまり良いイメージは無いかもしれませんが、実際のキャッシングは実に多様な機関によって提供されており、悪徳な業者はごく稀にしか存在していません。

キャッシングを利用する場合は、友人等から借金するときと違っていて借り入れ時に審査があります。
主に借用者の収入や雇用条件など、返済能力の有無についての審査です。
返済能力が無いと判断されれば借り入れを断られることもあり、収入に応じて限度額等が設定されます。
借り入れと返済を繰り返すうちに信用が上がり、次第に限度額が上昇する場合もあります。

また、借り入れたお金を返済する際には利子がかかります。
その利子のことを金利といい、金利の利率は機関によって異なりますが、一般的には利率が安いほど借り入れ時の審査が厳しいと言われています。


クレジットカードとは何か?

キャッシングと類似した制度として、クレジットがあります。
クレジットは英語で「信用」を意味する日本語です。
物品を購入する際に現金を使用せず、クレジットカードを提示することによって支払いを終え、後日にカード会社から使った額の代金を請求されるという仕組みです。

クレジットカードを使用して買物をするとき、その際の代金はカード会社が支払いを立て替えてくれます。
つまり、クレジットとは支払を後回しにするツケ払い、もしくは信用払いということになります。

クレジットカードは主に信販会社が発行していて、審査を通過した後に契約してカードを発行してもらうことで、買物の際にクレジットカードでの支払いをすることができるようになります。
クレジットカード支払いができれば買物に現金が必要なくなり、また、買物の際に現金が不足することもなくなりますので、現金を持つことで生じるリスクを回避することができます。

また、クレジットカードの利点はそれだけではありません。
カード会社への支払いを翌月に一括で済ませるようにしておけば利息がかからず、利用すればするほどポイントが貯まり金券などに交換することができますので、現金で買物をするよりも結果的にお得になる場合があります。
その他、様々な特典がありますが、年会費は基本的に無料となっています。

また、クレジットカードにはキャッシングの機能も付属していますので、もしも現金が必要になれば借り入れることも可能となります。

キャッシングとクレジットカードの違いは?

キャッシングとはお金を借り入れることであり、クレジットカードは買い物の立て替えのことをいいます。
クレジットカードでキャッシングを利用することは可能ですが、キャッシングカードは基本的にはキャッシングにしか利用することができません。

クレジットカードには旅行傷害保険など様々な機能も付属していますので、より多くの目的に活用することができますから、そういう点を見ればクレジットカードの方が優れているといえます。
しかし、 キャッシングカードの方がクレジットカードよりもキャッシングの限度額が大きくなっています。

また、最近では独立系の金融会社が銀行に再編されたり、あるいは銀行が金融会社を経営したりしている場合もありますので、以前よりもキャッシングが利用しやすくなりました。
クレジットカードは翌月に一括返済のため金利がかからないことも大きな特徴です。
キャッシングでは必ず利息がつきますので、クレジットカードの方が日常的に利用する際には手軽であると言えます。
その反面、利用する機関にもよりますが、キャッシングよりもクレジットカードの方が審査は厳しい場合が多いので、利用が限られてくることになります。
審査で以前落ちた人もあきらめないで、便利なサイトのアコムマスターカード徹底ナビ〜審査や評判・申し込み方、作り方で再チャレンジしてみてください。

何か大きな買物をするなど、まとまった金額が必要であればキャッシング、日常的な利便性を優先するのならクレジットカードと使い分けると良いでしょう。
いずれにせよ、どちらも計画的に利用しなければ後々困ることになりますので、節度を持って使用することが必要であるといえます。