キャッシングの種類

銀行系

キャッシングを提供している機関にはいくつか種類があります。
その一つが銀行系のキャッシングです。
銀行系のキャッシングとは、その名の通り銀行が提供しているもので、その特徴としては他の機関に比べて金利が低いというところです。
年間の金利が高くても18%程度までであり、あらゆる金融機関よりも比較的低金利となっています。

また、借り入れの限度額も他の金融機関に比べて高く設定されています。
ですから、マイホームやマイカーといった大きな額の物を購入するときに銀行系のキャッシングを利用する人が多いです。

しかし、その一方で銀行系のキャッシングは審査が厳しく、またその審査には長い時間がかかります。
キャッシングは金利が低いほど審査が厳しい傾向にあるので、最も金利が低い銀行系は、言い換えれば最も審査が厳しいといっても過言ではありません。
そして、借り入れの限度額は高く設定されているものの、その限度額が高くなることはなかなかありません。
また、一度高くなった限度額も信用を失えばすぐに下がってしまうこともあります。
ですから、多くの借り入れと返済を安定して長期的に行う人には銀行系のキャッシングが有効です。

銀行系のキャッシングの金利は年間の利率で設定されていますが、実際の返済は年利を月割りで計算し、毎月所定の日に返済することになります。
決まった返済日に指定の口座から引き落とされるので、キャッシングを利用した後は返済日よりも前に口座にお金を入れておく必要があります。


信販系

キャッシングの一つに信販系のものがあります。
信販とは「信用販売」の略であり、お金を借り入れる側と、貸し出す側の信用取引を意味します。
信販系のキャッシングは銀行系のキャッシングに比べて、金利が高い代わりに、限度額は少し低い傾向にあります。
とは言え、銀行系以外の機関の中で比較すれば、その限度額は高い傾向にあるといえます。

また、利便性という点では銀行系のキャッシングより大きく優れているといえます。
信販系のキャッシングは、借り入れに利用できるATM機の台数や提携しているキャッシュディスペンサーが多いので、借り入れをするときにとても手軽です。

また、信販系のキャッシングはキャッシング機能にのみ使用できるキャッシュカードとは違い、買物の支払いやポイントを貯めて金券などに交換することのできる多機能なクレジットカードを発行していますので、より多目的に利用することができます。

信販系のキャッシングも銀行系のキャッシングと同じく、年間に定められた金利を月割りで計算し、毎月に所定の口座から引き落とされる場合が多くなっています。
信販系のキャッシングには他にはないショッピング枠現金化というサービスがあり、これは本来支払いの立て替えに使用するクレジットカードの枠を、あえて現金に変換して借り入れをすることをいいます。
普段からクレジットカードを利用している人がキャッシングを使う必要に迫られた場合は利用してみるのも一つの選択です。

消費者金融系

キャッシングの種類の一つに、消費者金融系のキャッシングがあります。
消費者金融は、銀行や貸金業者などの金融機関が個人に対してお金の貸し出しをする機関です。
消費者金融系のキャッシングは、銀行系、信販系のキャッシングとは少し異なっており、担保もなしに貸し出しをしてくれて、また貸し出しの限度額も容易に拡大されます。

しかし、銀行系のキャッシングなどとは異なった法律で運営されています。消費者金融系のキャッシングの特徴としては、限度額を超えない範囲であれば、お金を借り入れた後に返済をする前でも再び借り入れをすることができます。
また、銀行系などとは違い土日祝日でも営業していますので、必要に迫られたときにすぐに利用することができます。
さらに、店舗に直接赴かずとも電話一本で貸し出しをしてくれるところも多いので、短い時間で必要なお金を借り入れることができます。
また、消費者金融系のキャッシングは他の機関のものに比べて金利が高めに設定されていますが、利息の計算が日割りですので、早く返済すればするほど支払う金利が少なくて済みます。

しかし、元々設定されている金利が法律の上限に近いので、一概に安いとはいえません。また、借り入れの限度額は拡大されやすいものの、初期の設定限度額はかなり低くなっていますので、大きな買物などに利用するには不向きであると言えます。

消費者金融系のキャッシングを利用する際は、よほど必要に迫られたとき、返済の目星が整っているときだけに限定した方が良いといえます。