キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングのメリット

キャッシングを利用するメリットとして、利用する機関にもよりますが、銀行でのカードローンなどに比べて審査が速やかで、貸し出しや返済方法が多様という点が挙げられます。
ローンであれば申込みから数日、あるいは何週間かかかる場合がありますが、キャッシングでは早ければ数分足らずで済ませることができる場合もあります。

また、時間や曜日を問わず貸し出しをしている機関もありますので、夜中に急に入用になったというような場合でも対応してくれることは、緊急時には大きな強みになりす。
ローンであれば審査時に給与明細表や源泉徴収票などが必要になってきますので、審査前の種類を準備する手間で考えても、キャッシングの方が手軽であるといえます。

また、返済時にもキャッシングには利点があります。
キャッシングはクレジットカードなどとは違って返済方法を柔軟に選択することができますので、ボーナスなどで臨時収入があった場合にはまとめて返済することができ、自由度が高いといえます。
さらに銀行、コンビニのATMでも手数料なく利用することができますので、余計な出費も心配ありません。

借りて気長に返済することができるキャッシングは、いざというときの急な出費に対応できる有用なものであると言えます。
お金の借り入れというとどうしても借金という悪いイメージを持ちがちですが、もしもの場合の手段の一つとして考えておいても良いでしょう。


キャッシングのデメリット

手軽にお金を借り入れることができるキャッシングにももちろん、それなりのデメリットはあります。
キャッシングのデメリットの一つとして、決して低くはない金利がかかるというところにあります。
キャッシングを利用するということは、何らかの理由、状況でお金が足りない場合だと思いますが、キャッシングで借りたお金には利息がかかってくるため、返済時には借りた時よりも多い金額を払わなければなりません。
もしも返済の目処があるのならば問題はないでしょうが、その場しのぎのためにキャッシングを利用してしまうと、後々にもっと困ることになります。

そしてもう一つの意外なデメリットが、容易に借りることができてしまうということです。
これは、もちろんメリットでもありますが、考え方次第では大きなデメリットであると考えることもできます。

例えば、あればあるだけお金を使ってしまう浪費癖の人や、お金を使う際に計画性を持てない人などは、容易に借り入れることができるばかりに必要のないときに借りてしまったり、借金であるという認識を忘れて使ってしまったりという状況に陥ることにもなりかねません。
そして、少しずつ積み重なった利息によって徐々に生活が苦しくなり、本当に必要になったときには借りることができなくなっている、という最悪のケースもあります。

キャッシングは使えば使うほど癖になりますので、自制心に自信が無い場合は、なるべく利用することを避けた方が賢明であるといえます。