キャッシング申込み方法

キャッシング申込み

キャッシングを利用するためには、まずキャッシングの申し込みをしなければなりません。
キャッシングを申し込むにはいくつかの方法があります。

まず一つは、店頭窓口での申込みです。
キャッシングを提供している機関に直接赴いて、窓口の担当者に申し込む方法です。
以前までは原則として、初回利用の人は店頭窓口での申込みしかできませんでした。
しかし最近では、無人契約機の利用も可能となっています。

二つ目の申し込み方法は、無人契約機での申込みです。
無人契約機は自動契約機とも呼ばれ、街中を探せばすぐに見つけることができると思います。
無人契約機の画面にはタッチパネルがあり、運転免許証などの本人確認書類をセットすると契約書が発行されます。
契約書の内容を読み署名を終えると、キャッシングに使用できるカードが発行される仕組みです。
カードがあれば無人契約機に併設されているATMからお金を借り入れることができます。

三つ目の方法は、インターネットでの申し込みです。
インターネットでの申込みは、インターネットに接続できる環境があれば二十四時間、どこにいても申し込むことが可能となります。
借り入れることのできる限度額や審査の是非も速やかに知ることができるのでとても便利です。
しかし、インターネットの申し込みでも最低限必要な手順というものはあります。
機関によっては身分証明書や給与明細書などの必要な書類を、デジタルカメラや携帯電話で撮影して送付するように指定しているところもあります。


キャッシングに必要な書類

キャッシングでお金を借り入れるときにはいくつかの書類が必要となります。
キャッシングを提供している機関によって必要な書類は異なりますので、利用する機関でどの書類が必要なのか事前に調べておいた方が良いです。

まず、どの機関でキャッシングを受けるとしても共通して必要になるものが、本人確認のための書類です。
本人確認のための書類として最も信頼のおけるものが運転免許証です。
運転免許証は国家資格であり、写真が添付されているために本人確認の書類としては最も信頼できるものです。

本人確認の書類として、他には健康保険証があります。
一部の機関を除いて、住民票、パスポートなどが本人確認書類として使える場合もあります。
また、学生証を使用できる機関も中には存在します。
本人確認の書類を提出する際にはコンビニなどでコピーを取り、そのコピーである写しを提出すると良いです。
もしくは、本人確認の書類を携帯電話などのカメラで撮影し、機関が指定するメールアドレスに送付することで本人確認が完了となるケースもあります。

キャッシングの際に他に必要な書類として、年収を証明するための書類があります。
年収を証明する書類としては、源泉徴収票、納税証明書、給与明細書の三つがあります。

年収の証明は基本的に自己申告で問題ないとする機関が多いですが、五十万円以上の額を借り入れる場合、他の機関からすでに百万円以上の額を借り入れている場合に限って、年収の証明書が必要となります。