多重債務の解決方法

返済の一本化

多重債務でキャッシングの返済に苦しんでいる人が選択することのできる最善の方法として、借り換えを利用した一本化というものがあります。

一本化とは、複数ある借り入れ先から金利が低い機関に乗り換えてしまうことです。
一本化することで返済額が多少は減りますので、返済が少し楽になります。

金利が低い機関といえば銀行系のキャッシングが挙げられますが、しかし金利が低い分審査が厳しいというのが特徴ですから、もちろん一本化に関しても易々と成功するわけではありません。
もしも上手く審査を通過して一本化することができれば幸運ですが、それ以外にも対策を考える必要があります。

また、一本化を終えると以前にキャッシングで利用していた機関からは優良顧客として扱われますので、再び借り入れの勧誘にあることもあります。
しかし、一本化後に返済が苦しくてもそこで再び借り入れをしてしまうと一本化の意味が無くなりますので、必ず断るようにしましょう。

多重債務によって返済が苦しい、けれど一本化が上手くいかなかった、そういう場合には債務の任意整理が有効です。
これは法律の専門家が借り入れている機関と直接交渉して、利息の引き下げなどを条件に着実に返済できる計画を立ててくれる制度のことです。
また、法律の専門家がその後の交渉を全て引き受けてくれますので、それ以後直接取り立てられることがなくなるのも大きなメリットです。


その他、過払い請求などにも対応してくれますが、その反面で任意整理を行えばブラックリストに載り、弁護士費用も必要となってきますので、利用する際はデメリットを考えた上で使うようにしましょう。


特定調停制度

多重債務、もしくは多額の返済に困った人が利用できる制度の一つとして、特定調停制度というものがあります。

特定調停制度は借り入れている側と、貸し出している側が一堂に会して、裁判所の調停委員の立会いの下、以後の返済をどのように進めていくのかを話し合うことです。
この話し合いの場では、過払いの請求や今後の利息について、借り入れた側と調停委員が貸し出した側に対して交渉することになります。

これだけを見ると任意整理と似ているようにも思われますが、法律の専門家に依頼せずに自分で直接段取りをするので、費用があまりかからないというところが利点になります。
特別調停にかかる費用は一万円程度となりますので、任意整理と比べると格安になります。

また、法律の専門家を介さずに任意整理を行おうとすれば大抵の機関は応じようとはしませんが、特定調停であれば呼び出しに応じなければ罰金が科されることになりますから、ほぼ確実に交渉をすることが可能となります。
特定調停で決まった内容は調停調書という書類にまとめられ、この書類は強い拘束力を持ちますので、無理のない返済計画を立てるようにしなければなりません。

また、裁判所を通すためにいくらかの時間がかかってしまいますし、特定調停では過払い請求までを行うことができませんのでそれがデメリットということができます。

そして任意整理と同様に、特定調停制度を利用すればブラックリストに登録されますので、利用する際は重々承知の上で使うようにしなければいけません。

過払い請求

多重債務の苦しいところは、返済額の多くが利息に充てられて元金が減らず、結果として返済が長期化するところにあります。
利息は機関によって違いますが、利息に関しては少し難しい点があります。

それは、上限の金利を定めている法律が二つ存在していたというところです。
具体的にいうと2010年6月18日までは、金利の上限は20%と定めている法律と、金利の上限は29,2%と定めている法律がありました。
現在では20%までに改正されていますが、何らかの理由で20%を超える金利で返済していた場合には過払い請求を行うことができます。

過払い請求は、払い過ぎた返済が再返金されるのがメリットです。以前までは過払い請求をした場合、ブラックリストに入るというデメリットがありましたが、2010年4月19日以後の過払い請求はブラックリストへ登録されることもなくなりましたので、今ではデメリットも存在していません。
通常、過払い請求をする際には法律の専門家に依頼することが一般的ですが、個人で行えば費用がかかりません。
過払い請求をするためにはキャッシングを提供している機関に取引履歴を送付してもらい、それを参照して引き直しの計算をします。もしも過払いがあれば返金の請求書を機関に送付します。
請求書を送付しただけでは無視されることもあるので、電話をして交渉しましょう。しかし、もしも交渉で機関が過払い請求の返金に応じなければ、最終的には裁判を起こすしかないので、余計な手間を省きたいのであれば多少の手数料を覚悟してでも、弁護士などに依頼する方が賢明であるといえます。