いくら借りれるのか?

総量規制

キャッシングを利用する際に知っておかなければいけないのが、総量規制です。
普段は耳にしない言葉なのでご存知ない人も多いかもしれません。
総量規制とは、貸金業法で定められた規制のことをいいます。


そして、例外の他にも除外というものがあります。
除外は、住宅ローンを代表とする総量規制の対象外のものであれば、年収の三分の一を超えていても借り入れることができるというものです。

もしも総量規制の違反をしても、借り入れる側に罰則はありません。
ただし、新しく借り入れることはできなくなります。

総量規制が定める年収は、給料、年金、ボーナスなど、安定して得ることのできるお金に限られます。
ですので、パチンコ、競馬、宝くじなどのギャンブルで得た配当金は収入に含まれませんから、仮に宝くじで一億円当たったとしても、三千万円まで借りるということは不可能になります。

また、銀行などは貸金業法の範疇の法律で経営されていませんので、銀行系のキャッシングを利用する際には総量規制は関係ありません。

そして、クレジットカードを使ったキャッシングは不可能になりますが、同じく貸金業法外であるクレジットカードを使ったショッピングは可能となります。


限度額より低い金額しか借りられないトラブル

キャッシングによくあるトラブルとして、審査には通ったのにその機関が規定する融資限度額まで借り入れることができないというケースがあります。

限度額までの借り入れを試してみるものの断られて、問い合わせをすると表記されている限度額よりも低い額までしか貸し出すことができないと言われた事例は少なくありません。

では、なぜこういうことが起こるのでしょうか。

それは、限度額という言葉の意味の齟齬によって起こります。

限度額という言葉には実は借り入れ限度額と、借り入れ極度額という二通りの意味があるのです。

借り入れ限度額は融資限度額とも呼ばれ、これが本当の意味での限度額になります。

ですから、実際にいくらまで借り入れることができるのかを尋ねる場合、こちらを参照にしなければなりません。

もう一つの借り入れ極度額は、別名を契約限度額といって、キャッシングで貸し出すことのできる最大の金額になります。

実際のキャッシングでは、借り入れ極度額を上限として、そこに審査で得た信用情報などを加味し上限が減額されるという方式になっています。

ですから、例えば限度額が50万円までという触れ込みであったとしても、それは極度額の話であり、信用情報などを審査にかけると実際に借り入れることができるのは30万円までである、などということが起こるのです。

極度額は変化しませんが、信用を積み重ねることで限度額は徐々に拡張されていきますので、決して詐欺や騙しの類ではないということは理解しておいてください。